主将挨拶

主将挨拶

 

平素より弊部の活動にご支援とご声援を賜り、誠にありがとうございます。

本年度、東京大学運動会空手部の主将を務めます、萩原凜太郎と申します。

我々は本年度のスローガンとして、「向き合う」を掲げます。
部員一人ひとりが、部の構成員として部活動に向き合い責任をもって行動する。空手に携わる者として礼節を重んじ空手の精神性を学ぶ。部活動を通して自己と向き合い心身を修養する。共に汗を流す仲間と向き合い競い合い助け合いながら生涯渡る信頼を築く。
一度しかない大学生活の中で我々が空手部を選び活動することには、きっと意味があるはずです。我々が向き合うべき対象は多様にありますが、それぞれと真剣に向き合いその意味を見出すことは、大学生活、引いて人生を豊かにすることと思い、このようなスローガンを掲げました。

戦績的な目標としては、「七帝戦および全国公での男女アベック優勝」を目標に掲げます。近年、かつての勢いを取り戻し上り調子の弊部ではありますが、今一歩完全制覇には及んでおりません。今年こそこの目標を達成する為にも、伝統を大切にしつつ革新を恐れない姿勢で練習に創意工夫を凝らし、チーム一丸なって活動に邁進してまいります。
また、近年は部員が増加傾向にあり、他大から弊部に活動している部員、形を専攻する部員など、様々なバックグラウンドを持った部員が在籍しております。彼らのニーズにも応え、全員が快く存分に空手に励めるよう、部の制度・体制を整備していきます。

最後になりますが、皆様のご期待に応えられるよう、今年度も部員一同全力で部活動に励んでまいります。今後とも変わらぬご支援とご声援を宜しくお願い致します。

平成31年3月吉日 東京大学運動会空手部

主将 萩原凜太郎                                                                                                                                                                                                                 2019年度 主将挨拶