主将挨拶

主将挨拶

 

本年度、東京大学運動会空手部主将を務めます、堀 淳平と申します。

私たちは2018年度の目標として「七帝戦優勝」「全国国公立大会優勝」を掲げています。

2017年は七帝戦で男子が準優勝、女子が優勝、全国国公立大会では男子が準優勝、女子がベスト4という結果に終わりました。

去年のチームは最上級生に主力が集中していたので、今年は主力を育成して行くことが大きな鍵を握ることになると考えます。各自が自分の課題を認識することで、限られた練習時間の中で効率的に練習できるように徹底して行きたいと思います。

また、東大空手部には、90年以上に及ぶ歴史があります。本年度主将を務めるにあたり、これまで東大空手部の歴史を紡いでこられたOB・OGの先輩方に敬意を払い守るべき伝統は大切にしつつも、変化を恐れず柔軟な思考で新たな東大空手部の1ページを記していきたいと思います。

最後になりましたが新入生へのメッセージを送ります。空手部には互いに切磋琢磨しあえるような人が集まっています。ここで出会った仲間は大学生活だけでなくその後の人生でもかけがえのない友になると思います。ぜひ一度空手部に立ち寄って、空手部の雰囲気を感じてください。

 shushoaisatsu2018

平成30年3月吉日 東京大学運動会空手部

主将 堀 淳平