トピックス

20171217 全国公_171219_0137

【追記】全国公男子準優勝、女子ベスト4

去る12/17(日)横浜市平沼記念体育館で行われました全国国公立大学選手権大会におきまして、男子が準優勝、女子がベスト4入りという結果を残しました。

 

 男子は全試合に2年生以上のレギュラーが出場。初戦〜三回戦の名古屋大学戦、山梨大学戦、下関市立大学戦は全て先鋒・次鋒・中堅の3人で一気に勝負をつけます。

4回戦の京都大学は去年の全国公でも対決し敗北を喫した強豪校ですが、先鋒の室井(4年)が勝利し流れを作り、次鋒の川野(4年)もそれに続き7-1の快勝。相手の主将との中堅戦は落としてしまいますが、続いた萩原(2年)が再び6点差をつけ勝利。オーダーの妙もあり、文句無しのリベンジを果たしました。

続く準決勝の大阪大も、七大学の中でも上位に入っている強豪。張り詰める中先鋒・萩原、次鋒・室井が勝利するも、中堅戦で反則負け、副将戦でも惜しくも勝ちを取れず、怪しい流れのまま大将・寺田(4年)に出番が回ってきます。両者負けられない勝負で点の取り合いとなり、途中大きく点差をつけられてしまいますが、後半に中段蹴りで4点を取り返し、見事1点差で勝利をもぎ取りました。最上級生の凛々しい姿が見られた試合でした。

そして迎えた決勝戦は、去年の優勝校、防衛大学校との一戦。先鋒からエース同士の対決となり、こちらが点を取っていくも相手もリードを許さず、終盤に逆転されてしまい惜しくも9-7で負けてしまいます。次鋒・中堅も健闘及ばず惜敗し、0-3で準優勝となりました。

 

女子は七帝戦に引き続き後藤(4年)、小島(4年)、藤牧(3年)が全試合に出場。

初戦の熊本大学戦から3-0の快勝、続く北海道戦も2-0で早々と勝利を決めます。

準決勝の防衛大学校は今大会の優勝校。先鋒が健闘するも負けてしまい、中堅戦も相手の主将との戦いとなり力及ばず敗北。決勝進出はなりませんでした。

その後行われた三位決定戦では一橋大学との戦いとなり、先鋒・中堅と相手の勢いに押されて負けてしまいましたが、最終結果としては見事にベスト4入りを果たし、来年のシード権を勝ち取りました。

女子のベスト4入りは2010年以来7年ぶりです。

 

また、今大会では主将の室井 、副将の川野が優秀選手に選ばれました。

 

4年生は今大会で引退となります。3年生以下は今大会でそれぞれの課題も多く見つかったので、今回の勝利を励みに、また経験した悔しさをバネに、精一杯努力して参ります。

今大会も非常に多くのご声援ありがとうございました。

今後も応援のほどよろしくお願いいたします。

 

(詳しい戦績はこちら、ギャラリーはこちらに掲載しております。ぜひご覧ください。)